業務内容・料金表を見る。

業務内容・料金表

業務内容・報酬規程

相談

面談による相談  基本料金:5,000円(税込5,500円)/60分

報酬額表一覧      【遺産相続、遺言書作成、ビザ申請・入管業務、車庫証明・自動車登録、離婚協議、建設業許可道路使用許可・占有許可、債権債務・内容証明、会社設立】   

遺言作成支援業務

自筆遺言書作成サポート(原案作成サポート)

50代男性
50代男性

無効とならないように、自筆証書遺言の正しい書き方を知りたいです。

行政書士
行政書士

自筆証書遺言は、全文、日付、氏名を自筆(別紙にて相続財産等の目録を添付する場合を除く)し、押印すれば完成ですが、遺言がご自分の思うとおり執行されるには様々な点に注意が必要です。自筆証書遺言書を作成するにあたっての手順、注意点をご案内します。

50代男性
50代男性

遺言書保管制度が始まり、制度を利用すれば検認の必要もなく、紛失の心配もないから自筆証書遺言書でもいいかなあ。費用も抑えられそう。

文案作成 基本料金:20,000円(税込22,000円)

相続人調査・相続関係説明図作成

40代女性
40代女性

不備のない遺言書にするためには?

行政書士
行政書士

戸籍謄本等を取得して「相続関係説明図」を作成することによって、推定相続人の範囲を確定します。

「推定相続人を確認して確実な遺言書を作成する」ことと、「遺言者死亡後の検証・遺言執行を速やかに遂行する」ために、遺言書を作成するときに「遺言者の出生から現在までの戸籍謄本」および「推定相続人の戸籍謄本」を入手して「相続関係説明図」を作成することをお勧めします。

40代女性
40代女性

役所に書類を取りに行く時間が無いわ。まして、県外の役所にいつ行けるか?なんてわからない。一括して頼めるなら便利そうね。

基本料金:35,000円(税込38,500円) 

相続財産調査・財産目録作成

40代女性
40代女性

相続財産の内容が不明確で、遺言書に記載する財産の特定が出来なくて困っています。

行政書士
行政書士

①不動産

不動産は、「固定資産税納税通知書」に基づき、法務局に登記簿謄本(全部事項証明書)を請求して特定させます。

②金融資産

金融機関名・預金の種類・口座番号により特定させます。

貸金庫がある場合は銀行名・支店名で特定させます。

③動産

自動車は、「車検証の写し」、貴金属・美術品等は、「鑑定書」等で特定します。

以上、入手した資料に基づき財産目録を作成します。なお、「遺留分の確認」および「公正証書遺言の手数料の算定」のために、「相続人(受遺者)ごと」に目的価額を算出します。

基本料金:30,000円(税込33,000円)

*相続財産の在処が特定できていない場合に、財産調査にかかる費用

 未特定の口座がある(遺品・郵便物から調査):基本料金+20,000円(税込22,000円)

 未特定の不動産がある(名寄帳から調査):基本料金+30,000円(税込33,000円)

公正証書遺言書作成サポート

60代男性
60代男性

公正証書遺言書作成までの具体的な流れを知りたいです。

行政書士
行政書士

具体的な流れについて、ロードマップでご案内します。

60代男性
60代男性

公正証書遺言書の作成費用についてどれ位かかるの?

行政書士
行政書士

公正証書遺言書作成時の参考見積書をご参照ください。

参考見積は、推定相続人4人、遺言対象財産3,000万円の場合です。

文案作成 基本料金:30,000円(33,000円)

公証役場での代理手続き :20,000円(税込22,000円)

遺言執行業務

60代女性
60代女性

遺言執行者って必要なの?いない場合どうなるの?

行政書士
行政書士

必須ではありません。遺言執行者がいない場合は、相続人と受遺者全員の署名、押印と印鑑登録証明書が必要な手続きも多数あり、手続きの度に相続人全員に連絡して、署名などを集める必要があり大変です。

その点、遺言執行者は、単独で相続手続きを行うことができろので、スムーズに進めることができます。

承継対象財産の価額報酬額(税別)
1,000万円以下20万円
1,000万円超、5000万円以下価額の1.2%+10万円
5000万円超、1億円以下価額の1.0%+20万円
1億円超、3億円以下価額の0.7%+50万円
3億円超価額の0.4%+140万円
                                                 上記の価格に消費税が加わります。

遺言執行に関する費用は、相続財産から差し引く形となり、遺言書作成時にお客様にご負担して頂くことはありませんので、ご安心ください。

相続業務

相続人調査・相続関係説明図作成

基本料金:35,000円(税込38,500円) *案件により別途協議

相続財産調査・財産目録作成

基本料金:30,000円(税込33,000円)

*相続財産の在処が特定できていない場合に、財産調査にかかる費用

 未特定の口座がある(遺品・郵便物から調査):基本料金+20,000円(税込22,000円)

 未特定の不動産がある(名寄帳から調査):基本料金+30,000円(税込33,000円)

遺産分割協議書作成

相続人、相続財産調査後、遺産分割協議書を作成します。

基本料金:30,000円(税込33,000円)

*遺産分割協議書作成に際し、相続人の中に被相続人の兄弟・姉妹がいる場合に追加される費用

 兄弟・姉妹がいる :基本料金+10,000円(税込11,000円)

*遺産分割協議書作成に際し、相続人の中に代襲相続人がいる場合に追加される費用

 代襲相続人がいる :基本料金+10,000円(税込11,000円)

相続手続き

*相続財産1件あたりにかかる払い戻し・名義変更の費用

 銀行預金 :10,000円(税込11,000円)/口座

 自動車 :10,000円(税込11,000円)/台

 株式 :10,000円(11,000円)/社

*人数に応じて、名義変更手続きに追加される費用

 2~3名 :3,000円(3,300円)

 4~6名 :5,000円(5,500円)

 7~10名 :10,000円(11,000円)

*※不動産の名義変更は司法書士にお願いするため、費用の概算が早めに必要な方はご相談時に相続の対象となる土地・建物の全部事項証明と、固定資産評価証明書をお持ちください。

成年後見業務

任意後見契約公正証書 文案作成+公証役場代理手続き

基本料金:95,000円(税込104,500円)

見守り契約公正証書 文案作成+公証役場代理手続き

基本料金:35,000円(税込38,500円)

死後事務契約公正証書 文案作成+公証役場代理手続き

基本料金:65,000円(71,500円)

*「見守り契約」「死後事務契約」は原則として「任意後見契約」と同時に締結します。

*「任意後見契約」+「見守り契約」+「死後事務委任契約」おまとめいただくと156,000円(税込171,600円)になります。

*※別途で公証人手数料が必要になります。①一契約につき11,000円、②法務局に収める印紙2,600円、③法務局への登記嘱託1,400円、④書留郵便料 おおよそ540円、⑤正本謄本の作成手数料

後見業務:受任

任意後見契約の受任(月額)

 20,000円(税込22,000円)から

見守り契約の受任(月額)

 5,000円(税込5,500円)から

死後事務委任契約

 各種手続きごとに応相談

車庫証明取得・自動車登録

車庫証明取得・自動車登録代行サポートのまさる行政書士事務所
はじめまして。まさる行政書士事務所の菅野 勝と申します。弊事務所は仙台市。名取市、岩沼市、亘理郡を中心に自動車の車庫証明手続、登録手続きをサポートしております。自動車の車庫証明手続、登録手続きに関して疑問点や不明な点等がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

支援金事前確認

【事業復活支援金事前確認】
事業復活支援金事前確認サポート

問い合わせをする。相談をする。
非接触オンラインで遺言をサポートします。遺言書作成・相続・任意後見に関するご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。